こんにちは!

仙台市青葉区落合の、もんま鍼灸院です。

 

今日の仙台市は、最高気温が30度を超えました。真夏のような暑さですね。

 

宮城県は先週梅雨入りをしましたので、今日は”梅雨と鍼灸”についてお話したいと思います。

 

今の時期は、夏の暑さに向けて、気力と体力を養う大切な季節です。

雨が多く湿度が高い日が続きエアコンをつけ始めますが、冷えには注意が必要です。この時期の過ごし方で、冬のからだの状態は決まってきてしまいますので、冷え性の方は今時期から気をつけていきましょう!

 

高温多湿の梅雨時期、心とからだの不調は経験があるかと思います。

 

からだの不調は、

からだに「湿気」が溜まると重く怠くなり、熱をもってしまうと「湿熱」といい、関節痛、神経痛、偏頭痛などの引き金となります。

この「湿」を溜めない事が最大のポイントになりますが、食べ物では、”豆””とうもろこし””ひげ茶”は、東洋医学での「気血水」の中の「水」の循環を促し、発散させる働きがあるのでオススメです!

 

こころの不調は、

気温差、気圧の変化、日光不足によって自律神経が乱れやすくなる時期ですので、マイナス思考になったり、ボーッとしがちですね。

 

自律神経の乱れは鍼灸の得意分野!

 

もんま鍼灸院では、鍼灸療法を通して

”自分の力を大切に、季節の変化に負けないからだ作り”をお手伝いしていきます。

 

ご来院お待ちしております。

 

 

本日の施術内容

*交通事故

*偏頭痛

*ヘルニア

*神経痛

*腰痛

*肩こり

*頭痛

*冷え

*逆子灸

*妊婦ケア

*帯状疱疹

*めまい

*倦怠感

*耳鳴り

*喉のつまり