こんにちは。

仙台市青葉区落合の、もんま鍼灸院です。

 

今日の仙台市は、風も穏やかでとても良い天気です。

それだけで、とても嬉しくなります。

 

さて、今日は”免疫力とクスリ”についてお話したいと思います。

 

私たちがもって生まれた免疫力。

免疫力とは、病原菌やウイルスと戦うために、もともと身体に備わっている働きです。

 

目には見えないけれど、私たちは本当に助けられて生きています。

 

大きな枠で捉えると「白血球」のことをさし、血管が通っているところに存在し、

病原菌やウイルスが入り込まないように四六時中、体内をパトロールしてくれています。

 

白血球の免疫細胞には「顆粒球」「リンパ球」「単球」の3種類があり

それぞれの免疫細胞がそれぞれの役割で対抗しています。

 

命を守るためのクスリは大切ですが、基本的に

治癒力の主役は、免疫力!

クスリは脇役に過ぎません。

 

病原菌やウイルスがそれほど強くないのにクスリに頼っている方も多いと思いますが…

実は、クスリを飲むという習慣は免疫力低下の一因だと言われています。

 

*何種類もの薬を飲んでいる

*長期間、服用している

*複数の院から薬を出されている

当てはまる方は、注意が必要です。

 

低下すると、当然病気にかかるリスクは高くなり

また治りにくくなります。悪循環ですね…。

 

免疫力のピークは20歳

それ以降、加齢とともに免疫力は確実に低下します。

40代頃から実感する方が多いでしょう。

 

からだを大切にしないと確実に低下しますが、大切にすることによって

低下を、緩やかにすることはできますし

低下を向上へと軌道修正することもできます。

 

それが鍼灸治療の魅力の一つです。

 

皆さんは

どの位、血の巡りが活発でしょうか?

 

治癒力の主役は自分自身です。

 

鍼灸治療で血の巡りを滞らせないこと。巡らせること。

細胞が最大限に力を発揮できるような身体つくりを。

ぜひ大切にしていきましょう!

 

 

本日の施術内容

*交通事故

*ギックリ腰

*頭痛

*肩こり

*腰痛

*起立性調節障害

*めまい

*食欲減退

*ヘルニア

*疲労

*不眠

*便秘

*自律神経失調症